スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融円滑化法の終了

金融円滑化法の終了

 先日、金融機関の交流会に参加させてもらいました。
やはり、話題は「金融円滑化法」が、この3月末で終了するという話でした。

 金融円滑化法って何?という方に、簡単に説明すると、リスケである。
えっ?「リスケ」って何? という方には、リスケとは、リ・スケジューリングという意味です。
スケジュールをし直す、という意味で、どうしても金融機関等の返済が何かの理由で難しくなったときに、
将来のきちんとした中長期間の経営戦略をまとめて、金融機関に提出する代わりに、
数年間は返済を金利だけに優遇してくれて、元本返済は待ってくれることです。
(もちろん良いことではありません)

 円滑化法は、08年秋のリーマンショック以降経営が難しくなった中小企業に対して、
鳩山政権下の亀井静香金融相が肝いりで、09年12月につくった法律です。

これは、政府があらゆる金融機関に、このリスケを望む企業に最大限応じる「努力義務」を言い聞かせたのです。

 その法律が、この3月末で終わるのです。多くの円滑法を使っている中小企業は、
4月から一気に金融機関の対応が変わり、一括返済を求められるのではないか?と恐れていると言われている。

金融庁によると、円滑法を使った中小企業は、1割の30~40万社、このうちの5~6万社に「倒産のおそれがある」と言われています。

 それを恐れて、政府は全国の金融機関に、円滑化法終了後も「資金供給を続ける」ように必死になっている。
しかし、事実は金融機関の方々に聞いたところ、しっかりしたスケジュール(計画書)通りに行っているのであれば、全く問題ないので、倒産が増える?はマスコミが言っているだけという。

 実際は、3月末が過ぎてからしかわからないが、景気が一気によくなるわけはなく、
しばらく厳しい状況は続きそうだ。

ちなみに、弊社は円滑化法を、使ってません!(あたりまえやろー)


株式会社 日向  鳥辺康則
プロフィール

株式会社 日向

Author:株式会社 日向
「美と健康と地球環境浄化」
をコンセプトにし、ミヤモンテフルボ酸を配合した『ヴィーダフル』を扱っています。
プロユース、スカルプシリーズ、スキンケアシリーズ、飲料用など各種取り揃えています。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
ひむかBlog
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。