スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時代の変化に対応する

時代の変化に対応する

 私は煙草をすいませんが、一度は聞いたことのある名前が、「マイルドセブン」である。

 これは、セブンスターの派生商品として35年前に誕生した。
そして35年の歴史の中で、愛煙家さんたちに徐々に支持をもらい、
今では国内シェア―3割、国内売上1兆円を誇る最大ブランド煙草として君臨している、モンスターである。

 昨年8月、私はびっくりした!このモンスターブランド煙草の「マイルドセブン」が名前を変えるというのだ!

 なんと、「マイルドセブン」から「メビウスMEVIUS」に変えると、日本たばこ産業(JT)さんが発表したのである。

 なぜ?1つは、国内需要の限界である。
今後日本は、少子高齢化のなかで、確実に人口が減っていく。
それに輪をかけて、日本での健康ブームや値段の引上げ等で、煙草を吸われる方が大幅に少なくなっていっているのも事実である。

 そんな中で、JTさんの次なる一歩は、新・グローバル成長戦略である。
煙草の舞台を国内需要中心から、アジア全域、世界のブランド煙草として成長させようとしている。

その一環として、今回の大胆な改名である。しかし、煙草を売る小売店には不安はなかったのだろか?・・・・・
当然あったと思う。しかし、JTは、最大限の努力により成功させたのです。

限られた条件のなか使えるものは何でも使って、前例や過去の習慣にもとらわれずに大胆にやってのけたのです。

おやじ煙草のイメージの強い「マイルドセブン」が「メビウス」に変化したのです。
担当チームを請け負った社員さんの皆さまは、ものすごい努力と志をもって取り組まれたことと思います。

そもそも、認知されて確立しているトップブランドが、その名前を変えるというケースが、
世界的にもほとんど例がありません。

 有名な話で、1985年にアメリカのコカ・コーラ社が突然既存のコーラの発売を中止し、
「ニューコーク」を発売すると発表しました。ところが、消費者がそれにもう反発し、
結果として、既存のコーラは販売継続になったのです。有名な「ニューコーク騒動」です。

それくらい、今回の決断はものすごいものだったのです。


株式会社 日向  鳥辺康則
プロフィール

株式会社 日向

Author:株式会社 日向
「美と健康と地球環境浄化」
をコンセプトにし、ミヤモンテフルボ酸を配合した『ヴィーダフル』を扱っています。
プロユース、スカルプシリーズ、スキンケアシリーズ、飲料用など各種取り揃えています。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
ひむかBlog
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。