スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高もあればその逆もしかり

最高もあればその逆もしかり

 先日、お客様と5名にて居酒屋さんに行ってきました。

全国にチェーンがある有名な居酒屋さんです。

平日の9時に来店したのですが、そこそこ混んでいて、結果として、5名テーブルはないので、
4名掛けのテーブルを5名で使わせていただくことになったのです。

ここまでは、いいのです。メニューをみてまだまだ寒いので鍋を頼むことにしました。
そのほか、枝豆や、ホッケの焼いたものや、串焼きなどです。

そして、ここの自慢が、釜で炊き上げるほっかほっかの銀シャリです。
メニューには、オーダーいただいてから炊くので。時間がかかります。と書かれていましたが、
自慢のメニューとなれば、当然頼みました。そして待っていると、次から次へと料理が運ばれてきます。
枝豆、焼き物、串焼き・・・

お客さまと仕事の話で盛り上がって、気が付くと1時間以上たっていました。
そして、自慢の銀シャリ(ごはん)の登場です。しかし、ここで問題に気が付きます。
鍋が来ないのです。すでに75分以上たっているのに来ないのです。

これはおかしいと思い、店員さんに最初に注文した鍋が来ていないことを告げます。
そうすると、もう出来上がります!との声が。私たちも大人なので、その言葉を信じて待っていました。

ところが、それから20分たっても来ないのです。もう一度丁寧に店員さんに、頼みました。
そして20分・・・・
来ないのです。当然食事もとっくに終わり、おなかがいっぱいなのですが、
せっかく注文した鍋なので待っていました。あまりにおかしいと思いもう一度店員さんに頼みました。
鍋はまだですか?それから5分して鍋がきました。結果2時間以上してきたのです。

お店も忙しいのでしょうがないか?と思っていると、なんと店員さんから信じられない言葉が、、、、
「テーブルがいっぱいだったので、鍋を後回しにしました・・・・」と言われたのです。
みなさん信じられますか?

 最近色々な講習会で、飲食店のスタッフさんなどともお逢いします。
しかし、研修会にきているスタッフさんは、全く違います。
ましてや、すいませんの一言もなく、わけのわからん言い訳で通そうとしません。

 こんなことからも、学びがあります。いくらおいしくても、安くても、
もうこのお店には2度と行かないのは、あたりまえです。

 昨今、差別化や競争といった社会の中で、やはり一番重要なのは、人(人財)だということです


株式会社 日向  鳥辺康則

プロフィール

株式会社 日向

Author:株式会社 日向
「美と健康と地球環境浄化」
をコンセプトにし、ミヤモンテフルボ酸を配合した『ヴィーダフル』を扱っています。
プロユース、スカルプシリーズ、スキンケアシリーズ、飲料用など各種取り揃えています。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
ひむかBlog
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。