スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「信は力なり~パート1~」

信は力なり~パート1~

 みなさんは、行徳哲男という方をご存知ですか?

 この方は、まぎれもなく私の一生を劇的に変えたすごい人なのです。

 それは、今から22年前になります。私は、かなり荒れていました。
海外から帰ってきたばかりの私は、耳にピアスをあけて生意気にも自分に何でもできて、
人の力を借りなくても、生きていけるという自信とエゴの塊みたいな人でした。

 当然そんなですから、人の話には、耳をまったく貸さずに、好き勝手に生きていました。
そんな姿を見かねた、母と先輩社長の重川社長が、私に言ってくれたことは・・
「箱根に素晴らしい温泉があるから、1週間くらい行ってきたらいいよ!
もちろん費用はまったくかからないからね~」という、願ったり叶ったりの話だったのです。

 当然私は、断る理由もなく、箱根にルンルンで行ったのです。
実は、それが地獄への入り口だったのです。それは、BE訓練というものです。
知っている方も多いのでは?「Basic Encounter Training(人間開発、感性のダイナミズム)」 
それは、5日間箱根の山奥に閉じこもり、一切の下界の情報やコンタクトを遮断して、
内なる自分に向かう研修だったのです。(騙された!!!!!!!)

 私は、怒りと、ストレスで爆発的に暴れました。
ところが行徳先生に足を少し触られただけで、体重80キロある私は、
いとも簡単に、3メートルくらい飛ばされたのです。何の達人なのだ~です。

 それから私はおとなしくなり研修に入りました。内容は語れない部分が多いですが・・
その研修の中で私は本当に真剣に遺書を書いて、真剣に死のうと思っていました。
一時の感情や思い付きではなく、死のうとしたのです。
トイレの便器に頭を何度も自分からおもっいきりぶつけて、
ぶつけて、頭蓋骨が割れるくらいぶつけて、死のうと思ったのです。

 そして、本当に死ぬか?生きるかの?のぎりぎりまで来たときに、
本当に変化が起きたのです。死ねないのです!
最後の最後の一瞬に私の脳裏に、お母さんが出てくるのです。
そして何度も何度も、お母さんが生きてくれ。何が起きても生きてくれ。と叫ぶのです。

 むかし、神風特攻隊が最後の最後死ぬ時に、何を考え何を唱えたのか?を聞いたことがあります。
間違いなく「お母さん」だったと思います。それに近い体験をさせていただいたのです。
その一瞬から、私の中に温かい何かが生まれました。     つづく


株式会社 日向  鳥辺康則
プロフィール

株式会社 日向

Author:株式会社 日向
「美と健康と地球環境浄化」
をコンセプトにし、ミヤモンテフルボ酸を配合した『ヴィーダフル』を扱っています。
プロユース、スカルプシリーズ、スキンケアシリーズ、飲料用など各種取り揃えています。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
ひむかBlog
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。