スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思うは招く

思うは招く

 先日、機会があり北海道の株式会社植松電気の専務取締役 植松努さんの講演を聞くことができました。

 知ってます?植松電気? 実は世界初で民間の中小企業が、
初めて宇宙にロケットを飛ばしたことで、世界的な有名な会社なのです。

 私はロケットに興味はありません。
しかしこの素晴らしい方から学べることは、無限大だ!と感じました。

 まず冒頭に、あなたにとっての夢とは?という質問で入ります。
お金や趣味、仕事などは、すべて手段であって夢ではない!
夢は買えないものであり、未来は誰も教えてくれない!決まっていないものである。

 本当に夢に向かっての進化は、人にできないことをやる!やり遂げることにある!だそうです。

 戦後の教育の中、いろんなことが失われていった。
人と同じことをしないとダメ!と教わるその怖さや未来を奪う行為。

 しかし、植松さんはそんな教育の中で、安い×散々は、大量(ロボット化) 
そして、高い×少しは、ブランドという考えを作ったそうだ。
 
 0から1を生み出す。そのベースは考えること・・・・
やったことがないことをやる。あきらめない。工夫する。などなど・・・

 そういえば、厚生労働省の担当者と、美容法のことでの矛盾について過去に話をしたことを思い出します。

 色々な薬害のことを必死に訴えている私に対して、担当者は・・・・
「過去の事例がないことはお受けできません!」といったのです。
いやいやいや、過去の事例がないから、今こうして問題提起して訴えているのだ!というと、
またしても過去の事案がないことは、答えられないとのことです。ばかばかしい・・・

 しかし、それが世の中なのです。

 そんな共感できる話の中で、植松さんは本や漫画、映画から多くのものを得て、
あきらめない生き方をコピーすることを覚えたそうです。

 憧れとは=未来へのパワー、リーダとは=先駆けてやる人。
そして夢とは、買うものではなく、作り出すものだそうです。

 そんな話を聞きながら、思ったことは?成功者の反対の人はどんな人?です。

 答えは簡単=何もしない人いです。失敗は=マイナスではない。
その失敗を通して「だったら次はこうしてみよう」で、どんな困難も超えて、
夢はかなうことを今回は学ばさせていただきました。


株式会社 日向  鳥辺康則
プロフィール

株式会社 日向

Author:株式会社 日向
「美と健康と地球環境浄化」
をコンセプトにし、ミヤモンテフルボ酸を配合した『ヴィーダフル』を扱っています。
プロユース、スカルプシリーズ、スキンケアシリーズ、飲料用など各種取り揃えています。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
ひむかBlog
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。