スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本気の付き合い②

本気の付き合い②

 前回に続き、映画から学ぶことは多いと私は思います。
意味を持ってみるのであれば!ですが・・・・

 その次に私は、本に出会いました。
社会に出てからの、悩み苦しみは、多くの本から学びました。

 どうしたら、人に好かれるか?
どうしたら営業成績よくなるか?どうしたらモテるか?どうしたらおしゃれになるか?などです・・・・

 そして、あらゆるビジネス書も読みました。そして私は、気が付きました!
どんなに本は読んでも、モチベーションは上がったり、感動はするが人生は変わらない。

 人生をよりよく変えるのは行動しかない!と本当に実感しました。
(世には成功本が山ほどあるが、なんぼ本を読んでも実行しない人が99%だから、
いまだに○○したら成功する!みたいな本が出回っていると思う)

 ところが、最近変わったのです。ある勉強会で私は、人と本気でかかわる勉強をしています。
そして、その勉強会を通して実感していることは、仲間の重要性。

 困っているとき、悩んでいるとき、苦しい時、楽しい時・・・・
仲間が聞いてくれて、本気になってかかわってくれて、本気になって行動してくれる。

 特に社長になると、それは普通ではないのです。

 おもいっきりぶつかり、おもいっきり語りあえる仲間。
そんな人とのかかわりで、今最高の学びをさせていただいています。

 心から共に学んでいる仲間、本気になってぶつかってきてくれる仲間に感謝申しあげます。

 ありがとう。

 あなたは、どれくらい人と深いかかわりを持っていますか。


株式会社 日向  鳥辺康則
スポンサーサイト

本気の付き合い①

本気の付き合い①

 よく世の中では、社長は孤独だ!や社長は、相談相手がいないから、
すべて自分で決めなければならない!という言葉を聞く。

 私も小さい時から、稼業を将来次ぐ2代目として、この言葉を何回も、何回も聞かされながら育ってきた。
だから、小さい時から、私はすべてのことを人に相談したこともないし、
相談してはいけない!とまで思っていた。

 特に母親が小さい町工場の社長だったので、なおさらである。
小学校時のいじめで、毎日苦しかったとき、高校の志望校を決めるとき、
高校を突然辞めるとき、家出して大阪で1人孤独に生きているとき、自殺しようと毎日悩んだとき・・・・
1度も相談したことがない。
友達にも、親にも、兄弟にも、仲間にでもある・・・

 そんな地獄のような苦しみから、自分を救ってくれたのは、映画である。
多くの悩みは、映画や書籍から、学んだ。
それによって生きる意味や希望がもてたのは、事実である。

 だから、私は小学校の中学年ころから、あまりTVを見なかった。
なぜなら、そんな時間があったら、映画を見たかったからである。

 当時、わが町にも、レンタルビデオ店というものができて、毎日通った。
ところが当時は、DVDでもなければ、ONNラインもない。

 なんと、当時のレンタルビデオは、レンタル料が3000円だったのである。

お金のない私は、とにかく映画が見たくて、よく家のお金を泥棒した。(マネしないでね)
ところがすぐにつかまり・・・・鉄拳のあらし・・・
その次が、万引き(マネしないでね)ところが警察に捕まる・・・・
その次が、アルバイトみたいな感じで、何が何でも毎日映画が見たかったのである。

 そして、ほぼ毎日映画を見ていた。映画や本から、学ぶものは大きい!
何気なく見ると何もないが、その映画に、本当に苦しんでいる自分や状況をてらし合わせると、
必ずヒントが来ると思います。

たまには映画を見に行きましょう。ちなみに最近見た映画は「TED」です。


株式会社 日向  鳥辺康則

国は違えども日本の心は世界一

国は違えども日本の心は世界一

 色々な国に行けばいくほど、日本人の共に生きる考えは独特なのかな?と思う。

 アジアでさえ、正直のところ自分主義であり、相手を蹴落としてでも勝!
はっきりと言いたいことを言う。(いい意味もあり、好き勝手言っている意味もある)

 空気観や相手への配慮などは、あまりない感じを受けます。間違っているかもしれませんが・・・・

 そんな中で、日本人のホスピタリティーは間違いなく世界NO1だと思います。
目配り、気配り、心配り含めて多くの些細な気持ちの使い方は、他の国に見ることはありません。

 そのJAPANホスピタリティーが、今世界へ輸出されようとしています。
つまり、このささやかな心遣いが、ビジネスになるといういうのです。
世界のあらゆるところで引っ張りだこだそうです。

 日本人の良さや、日本の良さは、日本を出ないとわからないと、よく言いますがその通りです。


株式会社 日向  鳥辺康則

今 日本式ラーメンが熱い!

今 日本式ラーメンが熱い!

 色々な国に行って思うことがあるが、世界一ラーメンのおいしい国は絶対に日本である。

 もともとのラーメンは、中国発祥と思われるが、台湾、香港、中国行っても、
おいしいラーメンにはなかなか巡り会わない。

 そんなアジア全土で、今日本のラーメンが大ヒットしている。
ある国では、平均月収3万のなかで、1杯800円のラーメンが爆発的に売れている。
富裕層の方のみならず、現地のデートスポットになっている国もある。

 それに目をつけた日本のラーメンチェーン店が、どんどんアジアに出て行っている。
一風堂・山頭火・味千・山小屋・龍など数えきれないくらいある。
そして、その店すべてが大ヒットしている。
 理由は、おいしいからであるが、なぜ中国本土でもヒットするのか?
それは、本家本元を尊敬しつつ、日本人は見事にアレンジして、本家を超えて行っているということなのです。

 ダシの取り方、麺の製法、香味油の使い方など、研究や努力をつづけて、
とうとう本家を超えたのである。これは日本の持っている柔軟性だと思う。
そして今世界の中で、日本式ラーメンという全く新しいジャンルを作り、
世界中でフィーバーを作ってしまったのだ。


株式会社 日向  鳥辺康則

心に残る、ありがとう!

心に残る、ありがとう!

 少し前になるが心に残るありがとう!の最優秀大賞授賞式に行ってきました。

 そこには入選された選りすぐりの10作品があり、
その1つ1つ思いを込めて書かれた人が発表しました。
どれ1つをとっても、感動なしには、聞くことのできない作品でした。

 最優秀作品に輝いたのは、木と砂と本でできた家というタイトルの、作品です。
思春期を迎えた娘さんが、お父さんが嫌いで貧乏の家も嫌いで、いつしか父親を全く無視するようになった。
そして、30歳を過ぎ、結婚式前日に初めてそのことで父親と話す機会ができ、
お父さんの言った言葉は、「お金はものにかけるのではない、人にかけるんだ!」です。

 そういえば小さいころから、家は貧しくともお父さんは、誰よりも娘さんに本を買ってくれて、
たくさんの本を与えてくれた。そのおかげがあって、未来や夢を広げることができ、
ようやく幸せの結婚を迎える。

 幼い姉弟に父親が与えたのは、未来や希望、夢のつまったたくさんの本だったのです。
それに気が付かずに、長年無視をして、父を馬鹿にしてきたことの後悔と、
そして、そのことに気が付いた今、こみあげてくる感謝です。

 内容は、このようなことが、もっとしっかり書かれており感動しました。
そしてこの話を聞きながら、数年前に知人が送ってくれた短編の作文のことを思いだしました。

 それは、親を失って自暴自棄になってしまった少年と、母親の代わり以上に、
その子に愛情を注いでくれた先生の話です。

 帰ってから、もう一度その資料を探して読み直してみました。
すると、びっくりです。偶然にもその作文も、心に残る、ありがとう!だったのです。

 その作文は数年前に受賞された作品でした。
そして調べたら、それが本になっているとのことです。ぜひ買って読んでみてください。心の洗われる本です。



株式会社 日向  鳥辺康則

格安航空機(LCC)

格安航空機(LCC)

 最近は、飛行機料金も安くなり、出張が多い方にとってはより良い時代になってきたと思う。

 ジェットスター・ピーチ・エアーアジア他多くのLCCが誕生し、
これからもどんどん増えていくとのことである。

 なぜ安いのか?簡単に言うと、薄利多売である。
徹底的に人を安全に運ぶこと以外は、すべて削減!これがテーマである。

 だから、使う飛行場は、羽田や伊丹みたいなメジャーなところではなく、
成田や関空、地方空港が多いのである。

 そして、空港内利用経費を最大限削除しているので、カウンターは基本的になし。
チケット購入は基本的にインターネット、飛行機までの案内はバスなど削減項目は多数である。

 しかし、安いのである。東京―福岡間が4000円くらいだったり、
東京―北海道が5000円だったりする。
座席も乗ってみると少し狭く感じるが、問題ないレベル。
荷物は預けるとお金がかかるが、預けなければOK。
制限はあるが、まさか今の世の中飛行機に乗って旅行して、
バスなみの値段なんて信じられますか?

 一度乗ってみてください、勉強になります。


株式会社 日向  鳥辺康則

ある美容メーカーさんの勉強会

ある美容メーカーさんの勉強会

 2013年美容業界の現状と、対策というテーマのもとに勉強会が開催された。

 冒頭は、2000年と2012年を比べて、
美容師1人当たりの顧客数は全国で平均23人減となっている。
高齢化、引っ越し、死別色々な事情を考慮しても、この12年で1人の美容師さんが
抱えるお客さまの数が23人減っているということである。ぞっとする数字である。


 そして社会現状は、2002年成人を迎えた日本人は、190万人 
2012年は124万人、2020年は104万人・・・・・・
間違いなく現実は若者が減って行っている。

 講習会の内容は、その中で、美容室はありとあらゆる努力としないと生きていけないという内容である。
サンキューレター・毎月のニュースレター・お店の強みの明確化・
外への発信・冬眠客の掘り起こし・SNSを使ったフォロー・新規客獲得のための努力・
固定客化するための努力・・・・ いったらきりがないくらい、すべてしないと勝てないとのことです。
 
 そして、これからは、20代・30代の顧客ではなく40代以上の顧客に絞り込もうとのことです。
40代以降顧客はデザイ重視から、悩み解消重視(手入れがしやすく、ダメージが少ない?)に
変わってきているとのこと。

 そこで出てきた言葉が、エイジングケアー(アンチエイジング)である。
これは、日向の今年のテーマと合致した。絶対にこれからは、エイジングケアーである。


株式会社 日向  鳥辺康則

アイリスオーヤマって何の会社?

アイリスオーヤマって何の会社?

 みなさんアイリスオーヤマと聞いて、何の会社というイメージですか?

 私は、ペット商品やホームセンター向けの成形品関連のイメージが強いですが、
実は、今この会社が飛躍的に伸びているのです。それも家電です。

 アイリスオーヤマさんの家電部門は、09年に8億6千万だった売り上げが、
12年にはなんと6倍の55億になっているのです。

 ヒット作は、家庭の100Vで使える2口IH調理器や低価格のLED、
サイクロン掃除機など多数です。なぜそんなに売れているのか?

 大山社長いわく、「技術ありきではなく、あくまでも生活者のニーズは何か?
どうすれば、生活者の役に立つかを第一に考えている。」とのことです。

 耳が痛い話です。美容業界も、技術ありきでなく、
もっともっと消費者のニーズを考えていれば、ここまで衰退しなかったのでは?・・・・

 本当にアイリスさんが出す商品は、かゆいところに手が届く商品ばかりです。
こういう商品待っていました!のものばかりです。
これも徹底しての生活者目線のものつくりが、会社の根底にしっかりとあるからだと感じました。


株式会社 日向  鳥辺康則

俺の〇〇〇〇

俺の○○○○

 今、東京で爆発的にヒットしている飲食店があります。

 それが、俺のイタリアン、俺のフレンチはじめとする、俺シリーズのお店です。

 実際に食べに行くと、ものすごいギョーレツで、とても食べれる状態にはなかったです。
なぜこんなに人気があるのか?

 1つは、ミシュランの星付きレストランなどで活躍していたシェフを雇い、
立ち飲みスタイルという形で、低価格で絶品料理が食べれることです。

 フォアグラの乗ったステーキが1480円だったり、オマールエビのリゾットが980円だったりです。
なぜそんなに安く提供できるのか?それは、回転率の問題だそうです。

 一般的にミシュランの星獲得店になると、ディナーでお客さんの回転率はだいたい1~2回転。
ところが、俺シリーズのお店は、1店当たりの面積も小さく、
立ち飲みスタイルなので、ディナータイムの回転率が4~5回転するそうです。

 私も数年前に、新橋でこのお店を発見した時は、驚きました。
今ほどメジャーではなかった時でもお客さんはいっぱいなのです。

 ところで、新橋という土地はすごいと思います。居酒屋の金魚グループしかりです。
これも立ち飲みスタイルや、こじんまりしたお店が前だったりするのですが、
新橋界隈では、超有名店です。ちなみに、金魚でお刺身3点盛りをたのむと、
5~7点盛りのお刺身が出てきます。(笑い)
しかも1000円以下1人で行くことが多いですが、食べきれません。

 そんな飲酒業界が軒並み苦戦している中で、飛躍的に伸びているお店が新橋には多いのです。

美容業界も絶対参考になりますので、ぜひ新橋へ出かけてみてください。


株式会社 日向  鳥辺康則

ワンコインピザ

ワンコインピザ

 行ってきました、噂のワンコインピザ。

 最近都内でよく見かける低価格ピザ屋さんです。
なんとマルゲリータが350円で食べれるのです。(ワンピースではあります)

 その秘密は、独自に開発した、短時間で焼ける生地にあるということです。
そして、その生地を職人さんがのばして焼くのではなく、機械が自動でのばして、
アルバイトの子が、上に具材を乗せるだけのシステムです。

 確かに、回転すしも安いところは、シャリを握るのは機械で、
あとはパートさんが寿司ネタを乗せるだけ・・・・
考えれば可能なことなのですが、とうとうピザの世界に来たのです。

 そして食べてみて・・・おいしい!!!!!!!思っている以上においしいです。
黙って食べれば、ナポリの職人が手作業で作ったPIZAといっても、素人にはわかりません。

 どんどん色んな業界で革命が起きています。
美容業界も数年前から、1000円カットはじめとする、無駄なサービスを一切しない、
全く新しい業態がヒットしています。

 どんな業種からも必ずヒントがあります。
そのヒントを生かして、変化の時代に対応していくしか生き残りは難しいのかもしれません。


株式会社 日向  鳥辺康則

革命児誕生

革命児誕生

 私は、JINSという会社は本当にすごいと思う。

 メガネの会社なのだが、何がすごいか?というと、JINSはまったくメガネをかけない人に、
メガネを売っているのである。それも100万本以上である。

 その商品名が「JINS PC」である。

 私も数年前から、聞いていた話である。
スマートフォンやPCから出ている光で、ブルーライトを深夜目に入れると、睡眠障害になる恐れがある。

 これは、日中天気のいい日に空を見ると、空は青いと思います。
これは自然光の中で、ブルーライトといわれる、周波数の光があるからだといわれています。

 その光を、深夜に目に入れると、脳は反応的に昼間だ!と錯覚して、興奮状態になり、
活動モードに入りらしいのです。そのブル―ライトを、大量に出しているのが、
PCモニターやスマートフォンだそうです。

 そこに、JINSさんは、反応したのです。
なんと、目が悪いからメガネではなく、ブルーライトをカットするメガネを作ったのです。

 それが爆発的に大当たりなのです。仕事柄パソコンの前で1日を過ごす人も少なくないと思います。
そんな方々から絶大の支持を得たのです。これこそ革命です。

 私は、視力がいいので、生まれてこの方メガネをしたことありません。
しかし、この私ですら買いたくなる商品カテゴリーを作ったのです。

 どんな世界意にも革命児はいるのです。
きっとあなたが明日の美容業の革命児になるかもしれません。


株式会社 日向  鳥辺康則

感動体験レストラン

感動体験レストラン

 数年前にある美容師さんと、東京にあるカシータというレストランの話をしたことがある。

 このレストラン、言わずと知れた、超感動レストランである。
平均客単価14000円と、決して安いレストランではない。何がすごいか?

 一度来たお客さんの情報をすべて記憶していて、それを全店で共有しているのである。
しかも、予約時からである。一度でも来店、予約経歴があるお客さんは次回から、名前で言われる。

 それも前回何をたべて、どんなだったか?まですべて共有している。
そして、私の知っている美容師さんは、数多くのお客さんを紹介している。

 そうすると、すべての紹介客は、来店時に○○さんの紹介のお客様ですね!と、
特別なサービスを受けているのだ。

 これは、リッツカールトン元日本社長の高野さんの講演会を聞きに行った時も、同じ感覚を得た。
リッツカールトンのクレドや1人1人の決裁権の話。何ももっての最高のサービスか?

 それは1人1人価値観の違う中で、すべてのスタッフが、
今できる最高のおもてなし(心からのサービス)を行う。言うことは簡単だが、行うことは非常に難しい。

 このカシータを経営する、サニーテーブルの高橋社長は、もともと飲酒店経験者ではない。
もっと言うと初期の経営陣3人もすべて飲食店未経験である。

もとは、高橋社長はオートバイの輸入販売をいていたが、
「アマンリゾート」に出会い、衝撃をうけて、その世界最高のホスピタリティーを
実現したいという思いで2001年カシーナをオープンした。

 オープンビジョンが、お客様の世界最高の感動ホスピタリティーなのである。

ぜひ、すべての接客業の方々に行ってほしいレストランである。学ぶのもが多いお店である。


株式会社 日向  鳥辺康則

一流ホテルから学ぶこと

一流ホテルから学ぶこと

 私は10代のころに、ある社長さんからこんなことを言われた。
もし、あなたに今1000円あったら、迷わず一流ホテルに行って、
1杯1000円のコーヒーを飲みなさい。・・・・・

 この意味が私は長らくわからなかった。しかし今は分かる。
1000円の価値観は人それぞれである。

 その社長は、一流ホテルには、一流の人が来る。
ホテルロビーの喫茶店でいいから2時間、3時間じっくりと人間観察をしなさい。
そこから学ぶものは1000円どころか、1億の価値がある。

 今、私は、時々一流ホテルに行って、ロービー喫茶で人間観察をする。
特に私が好きなホテルが、帝国ホテルである。
もちろん宿泊もしたことがあるが、何が好きかと言うと、
①フランクロイドライトの建築であること。
②ロービー喫茶のコーヒーがうまいこと。
③このホテルには、特別にロビーマネージャーという職種の方がいて、その方々がすごいことである。

 ロビーマネージャーとは、簡単に言うとお客さまがホテルへ入ってから客へ行くまで、
いかにストレスなく、スムーズに行けるかを遂行する人である。

 私も多くのホテルでチェックイン時にイライラしたことが何百回もある。
チェックアウトも同じである。そのスムーズなやり取りを行う責任者である。

 ある時は、お客さんの話し相手になったり、ある時は、荷物を運ぶポーターになったり、
ある時は、ベルボーイになったり、変幻自在に何でもこなす。

 そしてすごいのは、帝国ホテルのロービーマネージャーは、
全員1000以上のお客の名前と顔が一致するといわれている。
又、お客の趣味、性格、勤務先、車のナンバープレートまでも記憶しているのだ。

このロビーマネージャーを観察できるもの醍醐味である。


株式会社 日向  鳥辺康則

危ないのは中国だけではない

危ないのは中国だけではない

 先日の日経新聞で、驚きの記事が出ていた。

 EU(ヨーロッパ)の多くの国々で、牛肉加工品に本来絶対に入ってはならない、
馬の肉がたくさん入っていたことが発覚したニュースです。

 なぜ?当然、理由は、牛肉よりも安価な馬肉を入れて、消費者をごまかして販売していたのです。

 その比率は、なんと英国最大手のスーパーで販売する牛肉バーガーからは最大29,1%の
馬肉の混合が発覚!その後、有名ファーストフード店、冷凍食品の数々などからも、
多量の混合が発覚!発覚した国も、フランス、ドイツ、スイス、オーストリア、ノルウェーなど、
多くの国に広がっている。ひどい場合は、悪意と知っていながら行っていたと声明を出している。

 まったく、何を信じていいのかわからない状態である。
そのことに対して、とうとうEU全体が動き始めた、
2250以上の会社のサンプルからDNA検査をして、本当に安全性はあるのか?

 混合肉はないのか?など多岐にわたり、信用回復のために政府が動いたのである。
この一見の記事をみて、みなさん何を考えますか?

 EUはひどい!もう何も信じられない!中国だけではない!でしょうか?
私は、フランスにもドイツにもスイスにも行ったことがあります。
これらの国々は世界の中で、最も安全性や環境問題に配慮した国だと私は思っています。

 では、これらの国々で今回の問題が出たということは、その他の国は?????
私の意見は当然世界中で、当たり前のように今回と同様なことは起きていると思われます。
いったい何を信じますか?


株式会社 日向  鳥辺康則

最悪の瞬間

最悪の瞬間

 土曜日に私は京都にいました。

 仕事が終わり4人の仕事関係者と最後の締めに、京都のラーメン屋さんに行きました。

 そこでおきた最悪の経験・・・・・・ 4人がそれぞれラーメンを注文し、
次から次へと頼んだラーメンが運ばれる中、1人のお客さんがラーメンのどんぶりをひっくり返したのです。

 当然、熱いラーメンスープが周りに飛び散り、パニック状態でした。
しかし、これからです。

 それを見ていた従業員は一向におしぼりもってこないのです。
こっちは火傷するかもしれない状況の中で無死です。

 たまりかねた私は、定員さんにおしぼりください!と頼んだところ・・・・・
ペーパータオルはテーブルにありますよ!と怒られました。

 どう見ても、火傷している状況下でその言い方は、、、、、、、、、怒り心頭です。
しかし、それで終わりません。一生けん命ペーパータオルで、仕事仲間の服を拭きました、

 しかし足りないので隣のテーブルからペーパータオルを取るとその瞬間!!!!
何するんですか?と言わんばかりの形相で店員さんが避けつけて、何を隣のテーブル触るか?
と言わんばかりに、態度で駆け付けたのです。

 そのとき店の店長らしき人は、携帯で私用の電話!従業員は見て見ぬふり!
20名くらい入るお店で、お客は自分達だけです。最悪・・・・・

 もちろん、この店を選んだ私たちが悪いと思い、すぐに食べずに帰りました。
ところが、怒りが収まりません!!!寝れないのです。こんなひどい店があっていいのか?ひどすぎる!

 そんなことを考えながら、深夜をまわりふと見たテレビが、売上最低のコンビニを、
売上1位にさせた奇跡の店長の物語だったのです。

 その店長は、就任直後は、アルバイトの子を馬鹿にして、日々怒っては、無死していたそうです。
ある日、あまりにもひどいスタッフを見かねて、店長は、
見せてはいけない売上管理票をみんなのスタッフに見せて、こう言ったそうです。

 いいか!おまえら!売り上げが上がらないのはお前らがダメだからだ!!!!

 叱咤激励のつもりで発した一言が・・その言葉でスタッフが半分以上やめました。
その瞬間変わったのです。彼の中に、何かの変化が起きたのです。
それからは、本部の言うことも無視してひたすら、ひたすら、
スタッフとコミニュケーションをとり、徹底的に人に関与したのです。

 それから6か月奇跡が起きました。スタッフが自らミーティングをもち、
在庫管理や発注までやるようになったのです。

 そして・・・全国最悪の売上げを挙げていた店舗は、
今や全国1位の売り上げになる店舗に激変したのです。・・・

 このTVを見て、すごく自分を反省しました。
どんな物事からも、人は学べる!イライラしているだけでは何も変わらない!
人は人によって学び、成長し、進化する。自分が変われば周りのすべてが変わる!そう学んだ日でした。


株式会社 日向  鳥辺康則

「信は力なり~パート3~」

信は力なり~パート3~

 前回の野鴨の話から、皆さんは何を感じますか? 

 行徳先生はこういわれました。すべての悪のもとは、安楽である。
又、こうもいわれました。獣(動物)にはなくて、人間にだけあるものはなにか?

 それは、考える と 時間の観念である。考えて何かが解決することはあるのか?
答えは、何もない!行動のみが変化をもたらす! 知っていても、行わなければ知らないと同じ!

 そして、続けて今の世は盲目の時代。その盲目の時代に生き残る方法がある。
それは、頭を磨くのでなく、心を磨け!感じること、心を動かすことが重要である。

 そして変化に対して、次のようなことがいえる。
①加速(速さ)
子供は、先ほどまで泣いていたのに、アイスクリームを渡すと途端に笑顔になる。
泣いていたカラスがもう笑った。である。それくらいの切り替えのスピードが重要。

②壁を飛び越える。
重要なのは捨てる心である。重いと壁は飛び越えられない。
どれだけ過去の経験・体験・概念・観念を捨てられるか?

③忘れる力。
過去にとらわれたり、おきてもいない未来を不安に思うなかれ!今しかない。
今のみを一瞬、一瞬100%生きる。過去も未来も忘れなさい。

④波及である。
書き入れないくらいたくさんのことを、90分の中で学ばさせていただきました。
そして行動、実践を通してすべてを行っていきたいと思います。


株式会社 日向  鳥辺康則

「信は力なり~パート2~」

信は力なり~パート2~

 BE訓練。この5日間の箱根での研修を通して、私は生きる意味や1人ではないことを実感しました。

 もしこの出会いがなければ、もしかすると私は人を殺して刑務所に入っていたと思います。
それぐらい、ひどかったのです。そして、それから22年たちました。
私も少しだけまともな人間になり、会社ももち、頼もしい社員さんに囲まれて、
恵まれた環境下で仕事をされていただいています。

 そんな私が、先日ある講演会で、行徳先生と22年ぶりにお会いすることになったのです。
22年たった今でも、鋭い眼光、声、毅然とした振る舞い、何をとってもまったくお変わりない姿でした。
お話はそんなにできなかったのですが、90分の講演の内容は素晴らしいものでした。

 話の冒頭は、人は常に野鴨であれ!(野生のカモ)というものでした。
これはデンマークの哲学者の話です。野鴨は通常ものすごい距離を飛んで、
目的地から次の目的地に移動するらしいです。なんとその距離、1万200キロにもおよぶとのことです。

 ある時に、この素晴らしい野鴨たちが、湖に降り立ち休憩をしていると、
近くにいた、気のいい老人が疲れた野鴨たちのために、エサを用意して与えたのです。
そして、その餌を野鴨たちは喜んで食べました。あまりにもおいしいエサと、
居心地のいい環境下で、とうとう野鴨たちは、次の目的地に行くことをやめて湖に定住しました。

 ところがそこで、劇的な変化がある日突然おきたのです。
気の優しい老人が死んでしまったのです。今まで居心地の良かった、
おいしいエサがたくさんもらえた湖に変化が起きて、とうとう野鴨たちも、
次の目的地に移動しなければならなくなりました。

 ところが、1万2000キロも平気で飛んで、次から次へと旅をしていた野鴨たちが、
全く飛べなくなっていたのです。そして、飛べない野鴨は、
とうとう一匹ものこらず死んでしまいました。この野鴨の話から何を学びますか? つづく


株式会社 日向  鳥辺康則

「信は力なり~パート1~」

信は力なり~パート1~

 みなさんは、行徳哲男という方をご存知ですか?

 この方は、まぎれもなく私の一生を劇的に変えたすごい人なのです。

 それは、今から22年前になります。私は、かなり荒れていました。
海外から帰ってきたばかりの私は、耳にピアスをあけて生意気にも自分に何でもできて、
人の力を借りなくても、生きていけるという自信とエゴの塊みたいな人でした。

 当然そんなですから、人の話には、耳をまったく貸さずに、好き勝手に生きていました。
そんな姿を見かねた、母と先輩社長の重川社長が、私に言ってくれたことは・・
「箱根に素晴らしい温泉があるから、1週間くらい行ってきたらいいよ!
もちろん費用はまったくかからないからね~」という、願ったり叶ったりの話だったのです。

 当然私は、断る理由もなく、箱根にルンルンで行ったのです。
実は、それが地獄への入り口だったのです。それは、BE訓練というものです。
知っている方も多いのでは?「Basic Encounter Training(人間開発、感性のダイナミズム)」 
それは、5日間箱根の山奥に閉じこもり、一切の下界の情報やコンタクトを遮断して、
内なる自分に向かう研修だったのです。(騙された!!!!!!!)

 私は、怒りと、ストレスで爆発的に暴れました。
ところが行徳先生に足を少し触られただけで、体重80キロある私は、
いとも簡単に、3メートルくらい飛ばされたのです。何の達人なのだ~です。

 それから私はおとなしくなり研修に入りました。内容は語れない部分が多いですが・・
その研修の中で私は本当に真剣に遺書を書いて、真剣に死のうと思っていました。
一時の感情や思い付きではなく、死のうとしたのです。
トイレの便器に頭を何度も自分からおもっいきりぶつけて、
ぶつけて、頭蓋骨が割れるくらいぶつけて、死のうと思ったのです。

 そして、本当に死ぬか?生きるかの?のぎりぎりまで来たときに、
本当に変化が起きたのです。死ねないのです!
最後の最後の一瞬に私の脳裏に、お母さんが出てくるのです。
そして何度も何度も、お母さんが生きてくれ。何が起きても生きてくれ。と叫ぶのです。

 むかし、神風特攻隊が最後の最後死ぬ時に、何を考え何を唱えたのか?を聞いたことがあります。
間違いなく「お母さん」だったと思います。それに近い体験をさせていただいたのです。
その一瞬から、私の中に温かい何かが生まれました。     つづく


株式会社 日向  鳥辺康則

時代を先行く価値の創造

時代を先行く価値の創造

 先日機会があり、際コーポレーション株式会社 代表取締役 中島武さんの講演を聞いてきました。

 私の好きな社長さんの1人です。
なぜ好きかといいますと、たたき上げの社長の1人だからです。
そして中島社長の若い時の話を聞くと、共感が持てます。

 若い時は、病弱でそれでも応援にはいり、色々な抗争の中で学んだことは、
トップに立たないと何もできない!ということだったそうです。

 そして生み出したのが、経営は徹底的な研究であるという考えです。

 常にアイデアは現場でのみ生まれる。
いい会社―ダメな会社、いいサービスーダメなサービス、良い商品―ダメな商品、できる人―ダメな人など、
徹底的に何が違うのか?研究することです。

 そして、人が変わるときは、必ず環境が大切だと、いうことです。
見るもの、付き合う人、行動、行くところ、ノウハウなどです。

 これは、私も共感します。昔、昔私はある経営者から、このようなことを言われました。

 もし、あなたが今後一流の経営者になりたいのであれば、一流ホテルの喫茶で2時間過ごしなさい。
そして必ずトイレに行きなさい。という言葉です。
当時私は全く意味が分からなかったのですが、その通りにしたのです。
リッツカールトン・ヒルトン・シャングリラはじめとして、一流のホテルにはよく行きます。
 
 ただし、喫茶だけです。しかしそこで学ぶことは、お金で買えない何かです!!!!
行ってみてください。何回も!

 違いによりすべてのヒントが見えます。なんで売れないのか?商品?売り方?しくみ?人??????
絶えず何が売れてるところと違うのか?を意識したら絶対に失敗しないというのが中島社長の考えです。


株式会社 日向  鳥辺康則

希望~大いなる夢への挑戦~

希望~大いなる夢への挑戦~

 先日機会があり、ワタミグループ創業者、取締役会長の渡辺美樹さんの講演会を聞いてきました。

 時間が少ない中での公演だったので、すべてはとらえられなかったと思いますが、お伝えします。

 何のために仕事するの?そんな質問から入ります?

 色々あると思いますが、渡辺さんのテーマは、
①ワクワクすること ②ありがとうをもらうこと ③成長することだそうです。奥が深い・・・・・

 そして次に問われたのは?
①夢を持っていますか? ②夢に日付がありますか? ③死ぬほど努力していますか?
④夢にカラーはありますか? ⑤あきらめない覚悟はありますか? ⑥毎日日記をつけて反省してますか?
⑦夢がかなえることによって、周りが幸せになりますか? ⑧運がいいと思っていますか?
⑨神様が応援したくなるような生き方をしていますか?などです・・・

 いくつ当てはまりますか?短い時間の中で感じたことは、成功者は、死ぬほど努力しています。

 1時間や2時間でわかってたまるか?が本音だとおもいます。
そんな中で、真剣に渡辺さんは、諸外国の応援や支援、教育の在り方を考えています。

 私は、正直、ワタミグループは好きではありません。
しかし、この講演会の後、考え方が変わりました。モチベートされたのです。

 そんな日本を代表する企業のトップの話を聞けたことに感謝します。


株式会社 日向  鳥辺康則

思うは招く

思うは招く

 先日、機会があり北海道の株式会社植松電気の専務取締役 植松努さんの講演を聞くことができました。

 知ってます?植松電気? 実は世界初で民間の中小企業が、
初めて宇宙にロケットを飛ばしたことで、世界的な有名な会社なのです。

 私はロケットに興味はありません。
しかしこの素晴らしい方から学べることは、無限大だ!と感じました。

 まず冒頭に、あなたにとっての夢とは?という質問で入ります。
お金や趣味、仕事などは、すべて手段であって夢ではない!
夢は買えないものであり、未来は誰も教えてくれない!決まっていないものである。

 本当に夢に向かっての進化は、人にできないことをやる!やり遂げることにある!だそうです。

 戦後の教育の中、いろんなことが失われていった。
人と同じことをしないとダメ!と教わるその怖さや未来を奪う行為。

 しかし、植松さんはそんな教育の中で、安い×散々は、大量(ロボット化) 
そして、高い×少しは、ブランドという考えを作ったそうだ。
 
 0から1を生み出す。そのベースは考えること・・・・
やったことがないことをやる。あきらめない。工夫する。などなど・・・

 そういえば、厚生労働省の担当者と、美容法のことでの矛盾について過去に話をしたことを思い出します。

 色々な薬害のことを必死に訴えている私に対して、担当者は・・・・
「過去の事例がないことはお受けできません!」といったのです。
いやいやいや、過去の事例がないから、今こうして問題提起して訴えているのだ!というと、
またしても過去の事案がないことは、答えられないとのことです。ばかばかしい・・・

 しかし、それが世の中なのです。

 そんな共感できる話の中で、植松さんは本や漫画、映画から多くのものを得て、
あきらめない生き方をコピーすることを覚えたそうです。

 憧れとは=未来へのパワー、リーダとは=先駆けてやる人。
そして夢とは、買うものではなく、作り出すものだそうです。

 そんな話を聞きながら、思ったことは?成功者の反対の人はどんな人?です。

 答えは簡単=何もしない人いです。失敗は=マイナスではない。
その失敗を通して「だったら次はこうしてみよう」で、どんな困難も超えて、
夢はかなうことを今回は学ばさせていただきました。


株式会社 日向  鳥辺康則

中国の大気汚染

中国の大気汚染

 今、中国で大気汚染が大きな問題になっている。

 TV等を見られた方も多いと思うが、特に上海では、
5メートル先が全く見えないくらいの、ひどい大気汚染の現状である。

 そこで、とうとう政府が動いた!中国政府は、上海近郊に住んでいる方々に、
車での外出を自粛するように呼びかけたのだ。(当たり前のことだが・・・・)

 ところが、話はそれで終わらない。

 中国の自動車業界団体と中国汽車工業協会が、中国での大気汚染の原因は、
自動車からでる排ガスではなく、工場からでる排出物が原因だ!と発表したのである。

 本当に馬鹿な話である。これに対して、中国工業会連合も反発、
大気汚染の原因は排ガスだ!と発表した。ますます、ばかげた罪の擦り付け合いである。

 イチバンの被害者は、国民であり、地球にすむわれわれである。
どちらの原因か?よりも、いまするべき問題があるのではないでしょうか?


株式会社 日向  鳥辺康則

即席ラーメン復活

即席ラーメン復活

 今、にわかに即席ラーメンの売り上げが好調なのである。

 JR渋谷駅に行くと、即席ラーメンを作って出してくれるレストランがある。(駅構内の中)
 日清のラ王である。たまたま、渋谷に行くことがあり、興味本位で入ってみた。
それが・・・・うまい、黙って出されたら絶対に即席めんとわからない。
それくらい、うまい・うまい・うまい・・・

 その辺のラーメン屋よりうまいと思ったのは、私だけでないと思う。
このお店は大ヒットしているのである。それからである、最近の即席めんはおいしいのでは?と思い、
スーパーへ。すごい数の即席めんがある中で、買ったのはラ王・マルちゃん正麺・サッポロ一番麺の力である。

 そして食べてみると・・・・衝撃が走る。
昭和40年代生まれの私にとっての即席めんは、青春時代の代名詞である。
安い・早い・うまいがテーマの青春の記憶である。

 ところが、昨今の即席めんは、生めんよりもうまいかも・・・と思う出来栄えである。
確かに、少し高い(1袋100円くらい)けれども、本当に食べる価値ありだとしみじみ実感した。
どんな業種や仕事でも日々進化していることを、実感した瞬間である。


株式会社 日向   鳥辺康則

差別化は変

 差別化は変

 この美容業界で、よく聞く言葉の1つが、差別化を図ろうという言葉である。
私はこの言葉にいつも違和感を感じる。

 なぜならば、差別化=奪い合い・取り合いだからである。
美容業界は、昨年業界全体の売上を7%落としている。
 
 その前の年に至っては、8%である。つまり、このわずかな2年間で、
日本国の人々が、美容室にお金を使うことを、15%も減らしていることになる。
15%はすごい数字である。

 当然、経営努力で昨年対比の売り上げを落としていない、美容室もあるということは、
普通の美容室は間違いなく、20%以上売り上げを落としていることとなる。

 その裏付けとして、今年に入り弊社の取引先ディーラーさまで、廃業を決められた方が3件います。
なぜ、廃業するのか?やればやるほど、赤字が大きくなるとみなさん言われます。

 ましてや、支払いがわるくなる。カラー剤1本から配達しなければならない。
などなど、不条理なことが、まかり通っているのも現状です。

 そんななかで、ぜひとも進めているのが、奪い合いや取り合いの差別化からの脱却なのです。
どんない良いカラー剤を導入しょうが、どんなに安全なパーマ剤を仕入れようが、
カラーの顧客、パーマの顧客には変わりありません。つまり、奪い合いなのです。

 そこで、今弊社で一番進めている考えが、他業種の顧客をもっともっと美容室へプロジェクトなのです。

 たとえば、今までは、歯医者さんへ行かないと、できなかった歯のホワイトニングや、口腔内ビジネス。
もちろん、ホームホワイトニングはありますが、
美容室で手軽に簡単デンタルエステができることをご存じですか?

 2005年に、法の改正により、口の中のビジネス(口腔内)は、
本来、歯科衛生士さんや歯医者さんしかできなかったのが、
規制緩和によって美容室でもできるようになったのです。
機械も高くないですし、セルフ(お客様が自分で行う)スタイルなので、
スタッフさんの手間もいりません。そして、1回、2回の施術で5から10トーンも歯が明るくなるのです。

 これを導入している美容室では、今まで歯医者さんに行っていた顧客を美容室に呼び込んでいます。

 デートの前に、ほんの15分するだけで、歯がピカピカ!
美容室に来て、帰る前にほんの15分でピカピカ!なのです。
パーマの顧客やカラーの顧客ではない、全く違う顧客層ができたのです。

 このように、視点をかえて、全く違う業界へ行っている、その顧客を、
どうしたら美容室へ来ていただけるか?それが、大切なテーマだと考えます。


株式会社 日向  鳥辺康則

「いったい何屋さん?」

 いったい何屋さん?

 みなさんサントリーと聞くと、どんなものを売っている会社のイメージがありますか?

 もちろんビールですよね!
ところが、今、サントリーが一番力を入れて売り込んでいるものは、ビールではないのです。

 それは、ゴマ(セサミン)=健康食品なのです。
私たちは、多くの観念で生きていますが。時代はどんどん変化してきています。
 ましてや大手企業は、生き残りをかけてしのぎを削っています。
そんな中での大きな転換期が、どの業界や会社にも来ているのは間違いありません。

 フジフィルムといえば、カメラやフィルムといった時代は古いのです。
フジフィルムさんが今一番力を入れて売っているのが、化粧品やダイエット関連品です。

 コンビニさんも負けてはないです。
国内では、コーヒーといえば、ドトールさんやスターバックさんの、
独占場だった市場に、待ったをかけたのが、マクドナルドさんとコンビニさんだったのです。

 たかだ1杯のコーヒーに全面的に力を入れて、他に行ってた顧客を取り戻そうとしているのです。
鶏肉といえば、ケンタッキーやモスさんも古いです。
コンビニさんは、お惣菜類にもすごい力を入れています。
ファミリーマートさんの、プレミアムチキンなんかは、すごくおいしいです。

 どんどん国内からCDショップ店やレンタルショップ店がなくなって行っている今、
それに代わる、配信ビジネスや無店舗レンタルビジネスが大きくなっていってます。

 昔から、しま次郎のキャラクターで有名な、ベネッセさんは会社の考え方として、
ベネッセは生まれてから死ぬまでのビジネスを提供するといわれています。

 つまり、生まれてからすぐの教育関連品から、死ぬ時の葬儀場まで経営しているのです。

このように、どんどん時代の変化と共に変わっていくなかで、美容業はどうなのでしょうか?

 美容室=カットをするところ?パーマやカラーをするところ?
そんな観念から脱却できたなら、新しい美容がまっているに違いありません。


株式会社 日向  鳥辺康則

ありがとう経営のすすめ

ありがとう経営のすすめ
 今、研修にて毎日「心に残るありがとうカード」を10枚目標で書いています。
これは、1日の生活の中で、色々な出会う相手に、心からありがとうのメッセージを手書きで書いて渡すということです。
社員さんやお客様、取引業者さん、近所の方など多くの人にささやかな手書きのメッセージを送り続けていて、感じるのは「ありがとうの素晴らしさ!」です。
言われてうれしいありがとうですが、実は 言う方はもっと嬉しいことに気が付きます。
ありがとうをたくさんもらいながら、ありがとうをたくさん与える。
よく考えると、人は1人では生きてはいけない。
多くの方々のサポートや支援、ありがとうによって支えられて生きていることを再度実感。そんなことを気づかさせてくれた、心に残るありがとうカードに再度感謝感謝です。

株式会社日向 鳥辺康則

トイレの神様

トイレ掃除を毎日20分以上し始めて5日目になります。
これは、ある研修のためにおこなっていることなのですが、ものすごい勉強になります。

まず初日は、トイレ掃除なんかしたことが今までに1度もなかった、小生ですから、一発目は「うぇ!」と吐きました。正直の感想は、研修でなかったら絶対にやらない!いいやいや、やりたくない!が本音です。
しかし、研修ですから、真剣にがむしゃらに行いました。

2日目、みょーなことに気がつきます。あれ?昨日掃除をした同じトイレなのに、昨日は気がつかなかった箇所がたくさんある・・・・こんな箇所昨日あったっけ? 

3日目の同じです。小さい・小さいトイレのスペースが、大宇宙のように毎回・毎回新しい箇所の発見があるのです。これは、仕事でも、単調な仕事や単純な仕事でも集中してやっていくと、必ず毎日新しい発見があるのでは?・・・少しづつ楽しくなってきています。

又、5日目からは、トイレがまるで自分の愛車のように思えてしょうがありません。
愛おしいのです。
便器がですよ!愛車を磨いたり、愛犬を洗うことは、皆さんも苦ではありませんよね。
それと同じような感覚が・・・・・ まだはじめて5日目のことなので、何もわかりませんが、トイレ掃除の徹底は多くの学びあるのでは?ということは間違いありません。
皆さんも、やってみてください。 

株式会社日向 鳥辺康則

仕事とは?

仕事とは?
あるセミナーにてこんな質問を受けました。あなたにとって「仕事とはなんですか?」
みなさんならどうお答えしますか? もちろん、生活のための手段 や 生きていくための基盤なども絶対入りますよね。しかし、もっともっと深く考えていったらどうでしょうか?私は、この質問に対してとっさ的に次のようなことをメモとして書きました。①お金をもらって学べて成長できるチャンスの場 ②自分の行動によって周りの方々を幸せにする事 ③チャレンジできる成長の物事・・・ もちろん正解や不正解はありません。ダメや素晴らしいもありません。真剣に考えたときに何が素直に思えるかでいいのです。
そして、この質問を通して、次のことをセミナーで学びました。

仕事観に対しての意識の段階分析
① 生存(サバイバル)-生き残るために働く
② 維持―今ある環境を守るために働く
③ 娯楽(お金)-ほしいものを手に入れるために頑張って働く
④ 役割―与えられた責任を果たすために働く(ただし自分から望んではいない)
⑤ 学ぶー成長のため、学びのために働く
⑥ 与えるー人に喜んでもらいために働く

などの段階があるようです。
どの段階がダメや良いではなく、今自分の素直な立ち位置を把握して一歩でも進むことが大切だと考えます。
特に、仕事観が⑤⑥になると、仕事をやらされているという感覚から、望んでやっているという感覚になるそうです。
1日の大半の時間は、あなたはどこで過ごしていますか?私は、仕事環境の中にほとんどの時間を費やしてます。
つまり、1日のほとんどを占めている仕事の考え方、とらえ方が変わればおのずと幸せになってくると思います。

株式会社日向 鳥辺康則

体への感謝!!

体への感謝
 
 株式会社コスモ教育出版さんから発刊」されている、13の徳目という小冊子がある。
 
 これは、良い習慣をつくる13の徳目を職場で実践することで、
職場環境・人間関係・業績などありとあらゆることにプラスになっていくという、素晴らしいツールである。

 この13の徳目の中に、健康という徳目がある。
{健康管理も実力です。自己責任において健康管理に努めます。健康を損なう前に予防に努めます。}
というないようである。
 ところが、読むとあたりまえだが、実生活の中で本当にどうなのだろうか?
 暴飲暴食・喫煙・過度のストレス・食事の好き・嫌いなどどんな人でもパーフェクトはないと思う。

 今回、私は39度の熱が出て倒れた。多忙のせい?セミナー疲れ?睡眠不足?
今までの自分は、このような言い訳をして熱がでて倒れたのを、忙しという一言で逃げていたと思う。
しかし、本当にそうなのだろうか?

 答えは、私の体に対しての管理不足である。体をいたわってないのである。
私自身は、大きな病気もなく今まで生きてきました。
それ故に、あまり体に対しての感謝やいたわりがなかったのが事実です。
ところが、倒れて周りには誰もいない・・・・
 
 涙が出てきました。熱と辛さの中で、自分自身の体の対して申し訳なかった・・・
という思いが出てきたのです。よく41年間なにも文句も言わず頑張ってきたよね。
そしてとてつもない感謝もこみあげてきました。

 これからは、もっともっと大切にするからよろしくね・・・。
もし自分の子供が39の熱をだしたら、あなたならどうしますか?
ほっときますか?絶対に何かの行動に出ると思います。
 病院に行く。ゆっくり休ませる。あったかいスープを作るなどなど・・
 
 しかし、自分が39度の熱が出たとき私はほっといたのです。

 私の体は、私のもの!という思い込みから、行動しなかったのです。その結果倒れる。
体は、神様からの借り物だから大切にしなさい!
昔、おばあちゃんがそのようなことを言っていたようなことを思い出します。
休めて、元気になったらまた報告します。

           株式会社 日向 鳥辺康則

理念と経営

理念と経営
 私は今(株)日本教育創造研究所さんの勉強会に真剣に参加しています。

 昨日参加した勉強会の中で、会社経営で一番大切なものは、理念である。という記事を読みました。
いろいろな経営書やセミナーでも、このことは何度も、何度も言われています。

 当然、弊社(株)日向にも理念があり、朝礼で毎日何回も唱えています。
ところが、なかなか社員さんに浸透しないのが事実ではないでしょうか?
 
 多くの現場の会社さんでも同じように、毎朝、理念を唱和しているところも多いかと思いますが、
本当にすべての社員さんに浸透していますでしょうか? 
ほとんどが、ただ、お題目を唱えているのが現状かもしれません。

 なぜなのかな?といつも考えていました。そのヒントが、昨日得ることができました。

 それは、理念と経営という、月刊誌のありがとう経営の進めでのコーナーの、
社長力・管理力・現場力のページに多くのことを学ばさせていただきました。

 企業活動のすべては、理念から出発している。これは、絶対に間違いありません。
ところが、私に抜けていた、ものすごい重要なことがあったのです。

 それは、理念をふまえて、すべての社員さんと会社のビジョンを共有化できていないことなのです。
ビジョンとは、このような会社に絶対にしたい! このような職場に絶対にしたい!という夢です。

 これが、真剣にすべての社員さんと共有化できていなく、なぜ理念が浸透するのでしょうか?
社員さんの立場から見れば、ただのワードだったのかもしれません。
大反省です。故・松下幸之助さんも商売とはまず第一に考えを売り、
第二に人格、第三に優良品、第四に真心、そして最後に良きサービスを売ることである。と言われています。

 考え方を売る!このような考えで、このようなすばらしい会社にして、すべてのお客様から喜ばれたい!
のような、明確な、ビジョン!夢!これが明確であり、本当に社員さんと共有化し、
その夢の絶対達成のために、〇〇〇〇年○月○日までに、このようなことを達成する!
という目標も明確になります。

 何のためにその夢!会社のビジョン!を達成したいのか?という目的も明確化します。
このような会社は、おおいにして伸びているのです。このことを通して私は、決意しました。
 社員さん、お客さん、取引先さんなど多くの方々に、伝えよう!語ろう!
どのような会社にしたいのか?どのような職場にしたいのか?なんの為にそれを達成したいのか?
そのために、いつまでに何をどのように達成するのか?・・・ 
 
 つまり、会社の理念が社員に浸透しないのはすべてのすべて、社長が原因だったのです。
また、私は、すべての社員さんのため、多くのお客様の幸せのために学び続けます。
そして、何か感じたことを毎日日記に書きます。よかったら読んでみてください。 

(株)日向 代表取締役 鳥辺康則

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

株式会社 日向

Author:株式会社 日向
「美と健康と地球環境浄化」
をコンセプトにし、ミヤモンテフルボ酸を配合した『ヴィーダフル』を扱っています。
プロユース、スカルプシリーズ、スキンケアシリーズ、飲料用など各種取り揃えています。

カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
ひむかBlog
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。